WORKS>2008>03 of 建築生活空間研究企画室 高知 設計事務所

2008

徳島県阿南市【住宅】

構造規模:木造
主要用途:住宅
用途地域:無指定
防火地域:無指定

IMG_9314.JPG

IMG_9357.JPGIMG_9340.JPGIMG_9264.JPGIMG_9280.JPGIMG_9325.JPG
IMG_9386++.jpgIMG_9407.JPGIMG_9417.JPGIMG_9455.JPGIMG_9430.JPG

アクセント

IMG_9478.JPG
玄関のドアを開けるとオレンジのドアが見えます。オレンジのドアの向こうには和室が設けられており、来客のある場合は和室に招き入れるようにしています。通常リビング階段を設けるようにしておりますが、家族の気配が感じ取れるようにポリカーボネートを壁に使用した階段を玄関ホールに設けました。
照明器具の反射が弧を描くように映し出されています。
白を基調とした空間にアクセントとして設けたオレンジは生活にリズムや快活感を与えてくれる。

家事動線

IMG_9439.JPG新しい住宅が建ち並ぶ中、箱を十字に交差させることにより空間に広がりをもたせ、子供たちの様子が見渡せる存在感がある建物を計画。
南北に持ち出した2階部分にはプライベート空間を配し、1階の屋上を利用してプライバシー
を確保した広いバルコニーは子供たちの格好の遊び場となった。
何よりも同じ歳の子をもつ親として感じる仕事、家事、育児の両立は大変であり、少しでも
空間構成により軽減できないものかと試行錯誤した結果、キッチンの横に配した和室が軽
減の要ともいうべき空間として存在している。
この家で育つ子供たちを家と共に見守っていきたいと思う。